12月だより : 萌出してきた6歳臼歯

      12月だより : 萌出してきた6歳臼歯 はコメントを受け付けていません。

毎年この時期は、来年度、小学校に入学される子ども達の就学時健康診断(学校保健安全法第11条の規定に基づいて)が行われています。地域によって、多少 前後しますが、歯についての健康診断は、1歳6ヶ月、3歳、そしてこの就学時健康診断が公的なものとして行われます。小学校の6年間には、身体の成長もさ ることながら、お口の中では、乳歯から永久歯へと劇的な変化が見られます。ですから、この時期には特に、お口の健康に注意を払う必要があります。

就学時健康診断時には、むし歯、歯並び、かみ合わせ等のチェックをしますが、もうひとつ、確認してほしいポイントとして、6歳臼歯と呼ばれる永久歯が、 崩出し始めているかどうかということがあります。全員が崩出してきているわけではありませんが、保護者の方に、「奥歯に永久歯が出てきていますよ。」とお 話しすると、大抵、「えっ!」と言うお答えが返ってきます。この時期に崩出してくる奥歯はまだ乳歯!永久歯は乳歯が抜けた跡に出てくるものと思われている のです。また、崩出してきた永久歯も、最初は未完成のため、歯の質も柔らかく、むし歯になりやすい弱い状態です。この崩出途中の弱い歯を見逃して、歯みが きし忘れていたら・・・完全に崩出して、気づいたときには、むし歯になって、穴が開いていたということも、少なくありません。

 歯を失う原因は、他の部位の歯では、歯周病といって、歯肉の病気が多いのですが、この6歳臼歯に限っては、むし歯が原因で歯を失うことのほうが多いとい われています。これは、崩出し始めの頃のケアがしっかりとできなかったことが大きいと思われます。そこで、この時期、崩出し始めのこの6歳臼歯を、一生使 うためにも、出てきたことを子ども自身だけでなく、保護者の方にも確認してもらい、適切なケアをすることで、守ってほしいと思います。